現在大ブームになっているパンケーキは、とにかくやわらかいというイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか?最近ではセルクルなどの器具を用いて、分厚く焼きあげたそれを積木のように積み上げるしっかり系パンケーキなども登場し、話題を集めています。それとは逆にペッタンコに薄く焼いたものを何枚も重ね、ミルクレープのようにチョコソースやジャムをたっぷりかけて楽しむものも人気です。つまり、ここしばらく定番となっているような、分厚くふんわり焼きあげたスタイルとは一味違う、新しいパンケーキが続々と生まれつつあるのです。そうは言っても、それで今まで人気を集めていた専門店が廃れる訳ではありません。新旧のスタイルがお互いに刺激し合い、それぞれが独自のメニューを開発していくことで、激戦のスイーツブームの最前線で、パンケーキを提供しているすべての店が活性化されるのです。つまり、これは新たなスイーツブームの到来と言ってもいいでしょう。

ベーキングパウダーや重曹を入れて分厚く焼きあげたものはアメリカやカナダなどでも好んで食べられていますが、世界のパンケーキはそれだけではありません。日本ではまだ「パンケーキ」ほど知名度がありませんが、フランスの「ガレット」やドイツの「ダッチベイビー」なども、世界から見ればパンケーキの一種なのです。また、日本の「お好み焼き」や「たこ焼き」も、「Japanese Pancake」と言われることがあります。台湾や中国で親しまれている葱油餅も、韓国のチヂミも、世界から見れば「変わり種のパンケーキ」なのです。

日本では、甘いスイーツ系とは異なるミール系として、魚や卵料理と共に提供されることもありますが、世界的には食事として食べる方がスタンダードです。そもそも「ガレット」はそば粉で作られるものですが、そば粉だけでなく、米粉やトウモロコシの粉で作ったものも世界では「パンケーキ」として認識されます。そもそも世界中どこでも小麦が安定して栽培できるわけではありません。小麦がメジャーではない地域では、代わりに米粉やトウモロコシの粉を使って焼くのが定番なのです。

世界にも、日本にも、多くの変わり種パンケーキが存在しており、多くの人々から親しまれています。甘いトッピングをたっぷりのせたものももちろん悪くないですが、ぜひ一度、未知の変わり種に挑戦してみるのはいかがでしょうか。案外自分好みの一品が見つかるかもしれませんよ。