「パンケーキ」と言われると、今大ブームの専門店で提供されているような、分厚く、とろけるようなふわふわ食感に焼き上げたスフレタイプのものを想像する人も多いでしょう。しかし、世界には様々なスタイルの「パンケーキ」が存在しており、その材料や作り方、食べ方はひとつではありません。

例えばスキレットで焼き上げ、その上にトッピングをのせて食べるドイツの「ダッチベイビー」、そば粉を使ったクレープのような生地で具材を包むようにして食べるフランスの「ガレット」も、一見同じには見えませんが、海外から見れば「パンケーキ」の一種なのです。トウモロコシの粉を使って焼くメキシコの「パンケーケ」も同様です。世界的には、小麦粉に限らず穀物の粉を用いた生地を焼き上げたものは大体「パンケーキ」と呼ばれることが多いものです。

日本のものと違う点は、小麦粉などの基本的な材料だけではありません。トッピングや食べ方も、国によって様々です。日本のミール系ではほとんど見ない、魚介類との組み合わせもあります。例えばロシアを含む周辺諸国では、近海でとれるサーモンやイクラ、キャビアといった海鮮類を添えて食べることがあります。食べ方で言えば、マフィンサンドのマフィンのように、パンケーキで具材を挟んで食べるところもありますし、たこ焼きのようなひと口サイズのものをたくさん焼いて、粉砂糖やジャムをかけて食べるところもあります。どちらかと言うとドーナッツなどに近い印象ですが、海外では、それも「変わり種パンケーキ」のひとつなのです。

日本で流行っているそれをよく知っていると違和感があるかもしれませんが、例えばパーティーなどの時は、こちらのスタイルの方が大勢で楽しめるのではないでしょうか。普通のパンケーキをパーティーの場で作ろうとすると、誰か焼く係にならなければいけないので公平に楽しもうとすると少々難しいですが、たこ焼き器を使って小さなものをたくさん焼けば、複数人で会話を楽しみながら焼けますし、各々好きなトッピングを持ち寄ったりして、より楽しむことができるのではないでしょうか。好きな形、みんなで楽しめる方法で焼けばいいのです。パーティーの際は、世界のパンケーキを参考に、魚介類などあまり見ないトッピングを用意するのもいいかもしれませんね。材料も作り方も、食べ方も、パンケーキは誰でも気軽に自由に楽しめる懐の広い一品なのです。ぜひ大人数で楽しみましょう!